ロコモティブシンドローム

皆さん、ロコモティブシンドロームを知っていますか?

ロコモティブシンドローム(通称ロコモ)とは、骨や関節、筋肉などの運動器の衰えが原因で、
歩行や立ち座りなどの日常生活に障害を来たしている状態をのことを言い、進行すると要介護や
寝たきりになるリスクが高くなります。

ロコモティブシンドロームは、日常生活に対する7つのチェック項目「ロコチェック」で
簡単にチェックする事ができます。

 

ロコチェック

ロコチェックをしてみましょう!

  • 片脚立ちで靴下がはけない
  • 家の中でつまずいたりすべったりする
  • 階段をのぼるのに手すりが必要
  • 横断歩道を青信号で渡りきれない
  • 15 分くらい続けて歩けない
  • 2kg 程度の買い物(1ℓの牛乳パック 2 個程度)をして持ち帰るのが困難
  • 家のやや重い仕事(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)が困難

※ 1つでも当てはまる場合は、ロコモティブシンドロームの心配があります。

ロコチェックが当てはまったあなたへ

活動的な毎日を過ごせていますか?
活動的な毎日を過ごすためには、自分の身体を自由に動かすための筋肉が必要になります。
筋肉は、何歳になっても鍛えることができます。

South Wind ではトレーニングを通して、利用者様が活動的な毎日を過ごせるようにお手伝いします!